トップページ > ウコンの効果的な飲み方

ウコンの効果的な飲み方

ウコンは二日酔いに効果がある食品として知られていますが、これは実は飲むタイミングによって効果が違いますし、液状か粉末かといった形状によっても効果の現れ方が変わってきます。とりあえず効きそうと思って飲んでいる人も多いと思いますが、より効果を実感できる賢い飲み方を覚えましょう。

 

ウコンの中でも種類があって、二日酔いに有効なのは秋ウコンです。その理由は、秋ウコンの主成分であるクルクミンが胆汁の分泌を促進し、アルコール分解を助ける働きをするからです。肝機能を促進して、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解・排出を助けてくれますから、結果二日酔いしにくくなるのです。

 

ウコンを飲むタイミングは、実は飲酒の前でも後でも良いのです。なぜなら、あくまで分解や排出を助けるものですから、バリアを貼るようなものではないのです。ウコンの成分は蓄積されていて、必要なときに使われるようになっています。

 

ウコンは肝臓の働きを助けますから、肝臓での代謝が活発になることで全身への健康効果もありますし、アルコールの分解力を高めてくれるる作用もあります。

 

ドリンクと粉末・錠剤では効果が現れるまでにタイムラグがあります。より即効性が必要な場合はドリンクタイプがよいでしょう。どうしても粉末や錠剤タイプの場合は体内で消化して吸収するのに時間がかかり、飲酒後だと気持ち悪くなるのが先に来るかもしれません。できれば食事中や前に飲むのがいいですね。

 

正しい使い方をわかっていてこそ、ウコンによって二日酔いを防いで翌日も活発に活動することができます。ただ、最もいいのは適切に休肝日を設けることですから、連日の飲酒は控えるようにしましょうね。