トップページ > 酔いやすいお酒、酔いにくいお酒

酔いやすいお酒、酔いにくいお酒

人によってお酒に強い弱いがあることは一般的に知られていますが、人によって得意なお酒と苦手なお酒があるとも言います。同じアルコールなので得意も不得意も無いように思えるのですが、そういった違いが本当にあるのでしょうか?

 

実はこれ、正確に言えば得意不得意は無いにしても、同じアルコール度数だとしても酔いやすいお酒と酔いにくいお酒というのが存在します。たとえば、赤ワインより白ワインのほうが二日酔いしにくく、バーボンよりウォッカの方が二日酔いしにくいと言われていて、俗に「色のあるお酒は酔いやすい」などといわれたりします。

 

この色を生み出しているのは、醸造過程で作られる副産物や熟成中に加えられる添加物です。実はこれらが二日酔いを引き起こしやすくしているのです。

 

また、蒸留酒と呼ばれる種類は醸造酒に比べると二日酔いお酒と言われています。蒸留酒というのは、醸造酒を気化・冷却してアルコールの純度を高めたものを言います。アルコール度数が高くできる一方で、不純物が減るので、二日酔いしにくいお酒ということができます。

 

特定のお酒に弱いという場合には、アレルギーなど一部の成分に対して過剰に反応する体質が考えられます。後は、上記のようなお酒の種類や添加物の量によって、肝臓における仕事が変わってくるので、そのために分解力に違いが生じていると考えられます。

 

ただ、こうした添加物が入っていないアルコールはあまり美味しいものではありません。ですから、美味しいお酒は酔いやすいくらいの認識を持っておくのが、飲みすぎの防止を考えてもいいかもしれません。