トップページ > 二日酔いしにくくなるには?

二日酔いしにくくなるには?

飲酒による害で最も多い二日酔いですが、その原因は様々です。二日酔いは体の中にアルコールが残っていることによって生じますから、血中アルコール濃度を下げる、肝臓の機能を強化する、アセトアルデヒドの分解を促進するなどの対策は有効だと考えられます。

 

食事などを通して取り込まれたアルコールは胃で20%、腸で80%が吸収されるようになります。そして、血液に入って最終的には肝臓に送られ、そこで分解されるようになります。

 

ですから、アルコール対策としてはまず飲まないことですが、次に吸収を阻害するという方法があります。アルコールは胃で食べ物が分解される速度に大きく吸収量が依存しますから、胃や腸があまり吸収したくない状態であることが大事です。空腹時には吸収力が上がりますから、アルコールも早く吸収されて血液中に回ってしまい、酔いやすくなるのです。

 

また、女性より男性の方が血中アルコール濃度が低くなる傾向があります。これは、筋肉量の違いが影響していると考えられ、筋肉は脂肪と比べて水分とグリコーゲンが多く、血中のアルコール濃度が上がりにくくなっています。ですから、普段から運動などをして筋肉量を増やしておくとお酒に強くなります。

 

また、肝臓でアルコールが分解されるのですが、アルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解され、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで酢酸に分解され、最終的に水と二酸化炭素に分解されて尿として排出されます。ですから、肝臓の働きを高めるような栄養素を摂取したり、休肝日を作って休ませることでコンディションを整えておくと二日酔いしにくい体質になっていきます。